日常英会話学習はこれで決まり!通勤学習でのおすすめ教材

英語をしゃべれるようになりたい!
英会話を勉強したいけど、
英会話学校に行く時間がない!
英会話の勉強を続けていく自信がない!

こんな悩みを抱えている人は多いのではないでしょうか。

そんな人に私が実際に行っている通勤英会話学習法とそれに最適な『ネイティブイングリッシュ』という英会話学習教材を紹介します。

通勤英会話学習をおすすめする理由

英会話学習の基本は聴くこと(リスニング)と話すこと(スピーキング)を継続的に行うこと。一度は英会話を学ぼうと志したことがある人は、このことが英会話学習でが最も大切であることは知っています。

でも分かっていてもなかなか英会話をマスターすることができない。それは、英会話学習には最大の壁である『継続すること』が立ちはだかっているからです。頭で分かっていても学習の継続がなかなかできないからです。

とかいう私も継続できずに英会話学習に何度も何度も挫折してきました。

この『聴く』と『話す』のトレーニングを楽しく継続的に行うことさえできれば、誰でも英語を話せるようになるのは分かっていても、継続するということがいかに大変だということを身をもって経験してきた人も多いのではないでしょうか。

そんなあなたに私がおすすめする勉強法は『ながら学習法』です。

ながら学習法の中でも、特に私は通勤時間を使って学習する通勤学習を最もおすすめします。なぜなら通勤時間を使って行う学習には3つのメリットがあるからです。

通勤学習の3つのメリット
  • 週に5日は学習の機会がある
  • 通勤中に行う学習なので継続学習に繋がる
  • ながら学習なので英会話学習の時間の捻出をしなくて良い

なぜ通勤学習だけで英会話をマスターできるのか?

通勤学習と言っても、中には、

通勤電車は満員だからテキストを見ることすらできない
通勤は車を使っているから勉強なんてできない
『聴く』学習はできても『話す』学習ができない

そう思う人もいるかもしれません。

でも、そんな人でも安心な英会話学習方法があるんです!実は、私が通勤英会話学習で利用しているのはこれだけです。

そう、ウォークマンだけです。

テキストは使わずに通勤時間中にこのウォークマンで音声を聴くだけです。ウォークマンで音声を『聴く』だけでは、『話す』学習ができないのでは…。そんな疑問が出てくるかもしれませんね。実は私が使っている教材に『聴く』だけでも『話す』学習ができる秘訣があるんです。

私が使っている教材は、『ネイティブイングリッシュ』。

この教材では、実は、聴くだけで、リスニングだけじゃなく、スピーキングも鍛えられるように緻密に設計されているんです。『これは通勤時間に英会話をマスターしたい人向けに作られた教材では!?』そう思える英会話教材にやっと出会えてから私の英会話学習ががらりと変わりました。

通勤時間だけをつかって英会話学習を行い、今では社内の海外研修のリーダーに選ばれ、参加者を引率し、時には簡単な通訳なども行うことができるレベルにまで英会話力が上達しました。

聴くだけで日常英会話が話せるようになる教材

本当に聴くだけで本当にリスニング力だけじゃなくスピーキングも鍛えられるの?私も最初は半信半疑でした。

従来の英会話学習では、リスニング力を鍛えるために多くの英語を聴き、スピーキング力を鍛えるためには英会話スクールなどに通って多く話す必要がありました。これが英会話力上達の王道ともいうべき学習法で、英会話を学習する人の間での常識でした。

リスニング力なら自己学習はまだ可能であったとしても、スピーキング力に関して言えば、英会話スクールなどに通わないと、なかなか話す力が鍛えられず、お金もかかるし、時間もかかるし、英会話をマスターするには障壁が多く大変でした。英会話学習で挫折する人は、英語を話す時間やお金を捻出することができずに悩んでいる人が本当に多いです。

かつての私もそうでした。もう英語の参考書みたいな本を何冊買ったか計り知れません…。

そんな数々の失敗を重ねてきた私がおすすめする教材は、ネイティブイングリッシュ。

世の中には単語やフレーズやリスニングを鍛えることができる教材やスマホのアプリなど本当に無数にあります。そんな中で聞くだけで、リスニング力だけではなくスピーキング力も鍛えることができるようにプログラムされているという教材は、私が知る中でネイティブイングリッシュだけのような気がします。

そんな通勤英会話学習にぴったりの英会話学習教材のネイティブイングリッシュについて詳しく紹介しますね。

おすすめ教材(ネイティブイングリッシュ)の特長

ネイティブイングリッシュの教材は『英語でコミュニケーションをとることができる』ということを目標に教材が作り込まれています。

ネイティブの実際に使っている会話の中から、重要なフレーズを厳選して教材にしています。そのため、学校の教科書にあるような固い英語表現ではなく、ネイティブが実際に使っている英語を、ネイティブと同じような感覚で英会話をマスターできるように作られています。

従来のテキストをじっくり見ながら学習するお勉強的な英語学習はなかなか長続きしにくく、楽しくありません。ネイティブイングリッシュでは、基本は『聴くだけ』で良いので、通勤時間など無理なく日常生活の中に英語学習を行っていくことができます。

ネイティブイングリッシュでの英語学習は、まさに英語楽習。

CDを聴き続けていくうちに、リスニングもスピーキングも徐々に確実に上達していき、あなたの『英語をしゃべれるようになりたい』という夢に一歩ずつ近づいていくことを実感でき、楽しみながら英会話を学習することができます。

ちなみに、ネイティブイングリッシュの教材はこんな感じです。

テキストに関しては、ネイティブイングリッシュとネイティブイングリッシュ・ビジネスの2冊があり、サイズはB6サイズ(約18cm×約13cm)で持ち運びが便利なコンパクト設計です。

  • ネイティブイングリッシュテキスト1冊
  • リスニングCD 6枚
  • スピーキングCD 6枚
  • ニュアンス解説CD 6枚
  • ナチュラルスピードCD 6枚
  • ネイティブイングリッシュ・ビジネステキスト1冊
  • リスニングCD 2枚
  • スピーキングCD 1枚
  • ナチュラルスピードCD 1枚

テキストの内容

ネイティブイングリッシュのテキストの構成は以下の4つからなっています。

■Conversation(会話)

基本的な日常会話だけではなく、レストランや空港やホテルなどの旅行先での英会話、さらに病気や困ったときなど様々なシーンの日常英会話を幅広く網羅しています。

テキストは、男女二人のやり取りによる英会話で、その場の状況を頭の中でイメージしやすく、内容がすっと頭の中に入ってくるように工夫されているな~と感心します。

またテキストの中でも特に重要なフレーズは、青文字で書かれており、会話の中での重要なフレーズが一目で分かり、どういったし状況で使うフレーズであるかを会話の流れの中から掴むことができます。さらに最下段には、日常英会話での単語が記されているのでありがたいですね。

■Phrases(フレーズ)

Conversation(会話)の後にPhrases(フレーズ)が続きます。Conversation(会話)の中の重要フレーズを中心に、関連した表現を覚えていくことで表現力の幅が広がっていきます。

ここでは、ネイティブが日常会話の中で頻繁に使うフレーズがたくさん紹介されていて、Conversation(会話)の直後に続いて学習できるように設計されているので、表現のバリエーションが増えて、様々なシーンに応じた会話ができるようになっていきます。

Conversation(会話)とPhrases(フレーズ)をセットで学習することで、より多くの状況で使える英会話力を鍛えているような実感がありますね。

■Article(記事)

テキストには時々、新聞記事や雑誌を紹介しているページがあります。ニュースやカルチャー、エンターテイメントなどの記事のページもあるので、会話だけでなく、書き言葉の英語表現を学習することができます。

テキストを使って記事形式の英語表現を読めばリーディング力も鍛えることができます。

■Column(コラム)

ネイティブイングリッシュのテキストは、基本はConversation(会話)の後にPhrases(フレーズ)の繰り返しによって構成されていますが、時々Column(コラム)があります。

英会話での単語の使い方、短縮した表現、ニュアンス、良くある疑問などを紹介しています。英会話を学習して上で、知っておくと得する情報が盛りだくさんです。よりネイティブに近い英語表現が身についていきます。

CDの内容

■リスニングCD

男女二人によって、高速の英語⇒高速の日本語⇒ナチュラルスピードの英語⇒ナチュラルスピードの日本語の順番に再生されていきます。高速のスピードで聴きた後にナチュラルスピードを聴くので、聴いているうちに耳が高速の英語に徐々に慣れてきます。

今まで『英語が速すぎて聴き取れない』と感じていた私にも、徐々にナチュラルスピードの英語が驚くほどゆっくりとはっきりと聴こえます。英語の直後に日本語が流れるので、聴くだけで英語のリスニング力がアップするだけでなく、英語の意味が日本語に訳さなくても理解できるようになっていくことを実感できます。

■スピーキングCD

聴くだけでスピーキング力が付くのはこのシステムのおかげだとつくづく思います。男女二人によって、ナチュラルスピードの日本語⇒低速の英語⇒ナチュラルスピードの英語の順番に再生されていきます。

日本語で意味を確認した後に低速の英語が流れるので、リスニングCDとは逆で、日本語のイメージを英語に変換していく脳を訓練していきます。そして低速の英語でしっかりと英文の内容と発音を理解した後に、ナチュラルスピードの英語で英語表現をしっかりと見につけていきます。

私にとってこのCDは衝撃的でした。何度も聴いているうちに、日本語の後に少しずつですが英語が自然に口に出てくるようになってきます。今まで日本語を英語で訳してから英語を話していましたが、このCDを繰り返し聴くにつれ、ダイレクトに英語が口から出てくるようになってきました。

■ニュアンス解説CD

バイリンガルのDJの『マイケル・リーヴァス』が、英語学習をしていくうえでの様々な疑問に軽快なノリとトークで分かりやすく答えていってくれます。まるでラジオを聞いているかのように楽しいです。英語学習のちょっとした合間に聞くと良いと思います。

英語の表現の幅が広がったり、英語特有のニュアンスを掴んだりすることができて、英会話力がさらにアップしていきますね。

■ナチュラルスピードCD

日本語の音声が収録されていない英語音声のみのCDです。Conversation(会話)、Phrases(フレーズ)を英語の音声のみで聴くことができます。

私はこのCDを日本語無しでどの程度理解できているかの力試しや、英語だけのシャワーをひたすら浴びる時に利用しています。人によっては聴いた英語を書きとるディクテーションにも利用できると思います。

効果的な通勤英会話学習法

ネイティブイングリッシュの教材には先に紹介したテキストやCDがあります。それらの教材を使って効果的な学習プランや学習方法を多数紹介してくれています。これは非常に参考になります。

自分に合った方法で学習していくことが継続に繋がり、確実に英会話力をアップしていくことに繋がっていきます。ネイティブイングリッシュで紹介している学習プランや学習方法を紹介しますね。

学習プランについて

ネイティブイングリッシュでは6つの学習プランを紹介してくれています。英会話上達で一番重要なことは継続することです。自分に合った無理のない学習プランを立てることが何よりも重要です。

ちなみに私は電車の通勤時間が50分と長めなので、電車の行きと帰りの時間を利用して標準コースで繰り返し学習しています。

■制作者おすすめコース【168日】

1日でリスニングCDの会話・フレーズの2日分を学習し、翌日はスピーキングCDで前日に学習した内容を学習します。1日おきにリスニングとスピーキングを繰り返し学習していくので着実に英会話力がついていきます。

通勤時間も含め英会話学習にあまり時間を割けない人や英会話初心者にはこのコースが一番おすすめですね。1日10分~20分位で無理なく始められるので、最初はこのコースで様子を見ながらスタートしてみるのが良いと思います。

■標準コース【96日】

1日で2日分の会話・フレーズをリスニングCDとスピーキングCDで学習します。

ちなみに私はこのコースで学習しています。私の場合、通勤時間が50分で乗り換え無しの電車なので、通勤の行きはリスニングCD、帰りはスピーキングCDを聴くようにしています。

1日20分~30分位で終了するので、通勤の行きと帰りを利用すれば、片道10分~15分位の学習で済みます。この位の学習だと負担が少なく、長続きしない私でも無理なく継続できています。

■お急ぎコース【72日】

1日でリスニングCDの会話・フレーズの6日分を学習し、翌日はスピーキングCDで前日に学習した内容を学習します。コース名の通り、少し急いでいる方、集中して学習を進めたい方にはお勧めですね。1日30分~40分位の学習時間ですね。

私も試してみましたが、1日でテキスト6ページ分なので、通勤の行きに3ページ分、帰りに3ページ分だと少し量が多いので、初心者の方には家に帰ってからもテキストを見るなどをして復習をしないといけないかもしれません。少し英会話ができる方向けのコースだと思います。

■マイペースコース【180日】

1日でリスニングCDの会話・フレーズの1日分を学習し、翌日はスピーキングCDで前日に学習した内容を学習します。英会話初心者におすすめのコースです。

1ヶ月かけて1ヶ月分を学習していきます。1日5分~10分位で学習そのものは終了しますが、CDを繰り返し聴いて慣れる方が良いと思います。

■最短コース【24日】

1日で7日分のリスニングCDとスピーキングCDを学習するコース。テキストだと1日7ページ分。英会話レベルにもよりますが、最低でも1日60分~90分の学習時間が必要ですね。

短期間にどうしても英会話力をアップしたいという人にはこのコースをおすすめしますが、結構な気合と根性がいると思います。私にはとてもとてもできそうもなく、挑戦することができませんでした。。。

■じっくりコース【324日】

1日でリスニングCDの会話・フレーズの1日分を学習し、翌日はスピーキングCDで前日に学習した内容を学習します。英語が全く話せない方は、まずはこのコースから始めても良いかもしれません。

1日の学習時間は5分位で終わりますが、できれば3回位CDを繰り返し聴いて慣れる方が良いと思います。

学習方法について

ネイティブイングリッシュの学習プランですが、『聴くだけ教材』の利点を活かして、様々な学習方法を紹介してくれています。私がネイティブイングリッシュを選んだ最大の理由はここにあります。

テキストを見なくてもリスニングやスピーキングを鍛えられるので、『ながら学習』には最適な教材です。私は通勤時間の時だけ英会話の学習を行っています。

■通勤時に学習

朝の通勤時(電車・バス・車)はリスニング、帰りの通勤時はスピーキング。朝に聞いた英語を帰りにスピーキングで復習の訓練をします。個人的にはこの方法が一番おすすめですね。

朝に学習した内容を比較的早く復習できて定着力が高いような気がします。朝にリスニングとスピーキングを両方聴くという方法も試してみましたが、あえて少し時間を空けて帰りに聞く方が、『あっ、そうだった!』と思い出すので記憶に深く残るような気がします。

■通勤時+自宅で学習

本当はこれができれば理想的だと思います。上記の通勤の行きと帰りに聴いた英会話を寝る前や休日などに復習するという方法です。私は正直完璧にはできていませんが、時々気が向いたときにやっています。これが習慣化するともっと早く英会話が話せるようになると思います。

特に自宅での学習時は声を出すことができるので、少しでも良いので自宅でも学習する習慣が身に付けば、英会話上達のスピードがさらに加速します。

■スポーツ時に学習

ネイティブイングリッシュではスポーツ時に聴くことも紹介しています。

私の場合、週に2~3回スポーツジムに通っています。ジムで運動している時間は結構長いので、ジムで体を動かしながら、ニュアンス解説CDやナチュラルスピードCDを聞き流しています。あまり考えずにBGMのような感覚でずっと聞き流しています。

このお蔭でテキストの英会話のフレーズが自然と丸暗記できるようになってきました。ジムに行っている方、この方法は凄くおすすめです。

スケジュール表の活用

ネイティブイングリッシュの教材のテキストにはスケジュール表が付いています。学習プランや学習方法が決まれば、スケジュール表を使うと自分の学習状況を確認できるだけでなく、チェックを付けていくうちにちょっとした達成感も得られます。

継続することが英会話学習で一番大切なので、継続できる仕掛けはどんどん利用していった方が良いと思います。

ぜひ、ウォークマンとネイティブイングリッシュを使って、通勤時間に英会話学習を行ってみて下さい。

 

英会話初心者が日常英会話のマスターを考えるとき、最も重要なのは継続的な正しい英語学習です。

ただ頭では分かっていても、『毎日の仕事が忙しくて勉強する時間がなかなか取れなかったり』、『英会話スクールなどに行くお金がなかなか捻出できなかったり』、『英語学習をなかなか続けることができなかったり』など日常英会話をマスターするには大きな壁が立ちはだかっています。

日常英会話をマスターするには、こういった問題を解決していかなければなりません。

『短時間で効率的・効果的』、『できるだけお金をかけない』、『通勤・通学などのすき間時間でもできる』など、そういった英語学習が必要になってきます。

そこで以下のページでは、日常英会話マスターのために具体的にどのような英語学習を行うべきかを紹介しています。

私が実際に試してきた中で最もおすすめの教材の特長とその違いの比較、継続できる正しい学習法です。

間違いのない教材選びと正しい学習法は、英語学習の失敗を防ぎ、日常英会話マスターの近道となります。